読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心

二日連続で複数解を出してしまったので、今日は冷静に作ろうと思って小さめサイズです。 ぱずぷれv3

3x3

3x3をたくさん入れるのは夢なんですけど、コツが少しずつつかめてきた気がしました。また挑戦します。(追記)とか言ってたら複数解があり、全然つかめていなかった。二日連続で修正していて大変恥ずかしい限りです。今後気を付けます。 ぱずぷれv3修正前のバ…

Yペントミノ

(一つを除いて)全部同じ形にできました。(2017/01/12追記)…と思っていたらできてなかったんですが、直しました。ぱずぷれv3 修正前のものです。(Incorrect version) ぱずぷれv3

入口

こういう入口が好きだったのを思い出しながら作っていました。 ぱずぷれv3I

小サイズ

最小限の白マスながら分断禁が入ってよかったです。ぱずぷれv3

左右

空間多めの方向のやつです。 ぱずぷれv3

一本道

何も考えずに作り始めると大体こんな感じになりますね。 ぱずぷれv3

2種類

blog.goo.ne.jp こちらで紹介されている変則ルールが面白かったので、問題を作ってみました。通常ルールに加えて、2種類のテトロミノしか使えないという制約のもとで解いてください。This LITS problem has variant rules. In addition to the standard rule…

蛇その2

昨日の蛇が合体しました。 ぱずぷれv3

蛇その1

幅が1マスで自分自身と接しないうねうねしている形のブロックは(べつにうねうねしてなくてもいいんですけど)「蛇」と呼ばれているらしいです (参考:ネッシー/ja – Puzzlewiki)。 このタイプのブロックはLITSを作るうえで大変便利で、私は大好きです。 とい…

贅沢

贅沢にスペースを使いました。 ぱずぷれv3

くっつかない

くっつかないままどんどん進んでいって、最後の最後で…というのをやりたかった。 ぱずぷれv3

縦長

皆様もうお気付きかもしれませんが、空間の多いLITSは盤面が大きいほうが映えますね。 ぱずぷれv3

新年

今年もよろしくお願いいたします。 ぱずぷれv3

大晦日

なんとかここまで更新を続けることができました。 ぱずぷれv3

L

Lしか入らないブロックをメインに。 メイン以外がいい加減に見えますが、気のせいだと思います。 ぱずぷれv3

微妙に届かない

久々?にこの系統です。(2017/01/13) 直したつもりが直ってなかった。修正しました。 ぱずぷれv3

非対称

作りながら、昔遊んだゼルダの伝説で出てきた、「対称性が破れると災厄が訪れる」という謎の掟がある村のことを思い出していました。 ぱずぷれv3

FあるいはRペントミノ

ペントミノは(数え方にもよりますが)12種類あり、それぞれ名前が付けられています。 今回はそのうちの一つを取り上げて問題を作ってみました。 しかし、記事を書く段になって、ハタと困りました。このペントミノの名前が分からない! wikipediaによれば、普…

サクサク感

サクサク感のあるLITSも良いですよね。この問題で成功しているかどうかはわかりませんが…。 ぱずぷれv3

Sの枠

この枠もいろいろな使い道がありそうです。 ぱずぷれv3

枠ふたたび

もう少し枠っぽい枠。この形は結構面白いと思っています。ぱずぷれv3

Lの枠

もう少し枠を目立たせたかったような。 ぱずぷれv3

カプセル

Iのカプセルを使ってみました。 (12/24追記) 画像・URLともに前の日のものがもう一度掲載されてしまいました。大変申し訳ありません。 ぱずぷれv3

「と」です。 ぱずぷれv3

I

Iを近くに並べると結構制限されるのが面白い。 ぱずぷれv3

お詫び

誤って昨日二問出題してしまいました。 急ごしらえですが、今日はこれでお許しください。毎日更新はいつまで続けるかわかりませんが、更新スケジュールを変更するときは事前にお知らせする予定です。 ぱずぷれv3

半分

半分部屋割りを決めたところで力尽き、あと半分が適当になってしまった図。 ぱずぷれv3

4部屋

二人部屋がふたつ、一人部屋がふたつ。 本当は一人部屋を四つにしたかったんですが、それには失敗しました。 ぱずぷれv3

S

一種類のテトロミノしか入らない形の部屋、本当に重宝します。今回はSの部屋。 ぱずぷれv3

ダミー

ダミー選択肢の多そうな問題。なかなか調整が難しい。 ぱずぷれv3

一本道

スタートから一本道に解いていくタイプの問題を作ろうとしたのですが、気付いたらちょっとしたひねりが加わっていました。 このタイプの問題もたまに作っていきたいです。 ぱずぷれv3

ハーフサイズ

盤面が狭いと、余計なところからつながってしまう危険がないので作りやすい気がします。 ぱずぷれv3

1x8

1x8のブロックを二つ並べたものが好きです。 ぱずぷれv3

作り方

作り方を普段とは変えて作ってみました。解き味も変わっているかと思いますが、いかがでしょうか。 ぱずぷれv3

橋をかけろ

というパズルもありますが、これはLITSです。 ぱずぷれv3

変則

ぱずぷれだと、ブロックの区切りの太線以外の太線がある問題も作れると知り、さっそく作ってみました。 各ブロック内のテトロミノは、太線と重ならないように配置してください。 太線と重なると、部屋の中の黒マスが二つに分かれているとみなされるようです…

四方

以前出題した「空間」の発展形を模索しています。 ぱずぷれv3

2x4ふたたび

2x4の長方形でもう一問。ぱずぷれv3

2x4

かつて稲葉のパズル研究室でヌルオミノ(LITSの旧題です)を解いていた時だったと思いますが、2x4の長方形のブロックに関する手筋を知って感動した覚えがあります。 今回はその手筋をもとにシンプルに仕上げてみました。今自分が使っているブラウザでは動かな…

迂回

迂回していきましょう。ぱずぷれv3

Pペントミノ

5マスブロックの中で、最も奥深いと思われるのが、2x2の正方形にもう1マスくっついた形、通称Pペントミノです。 LITSに出会ったころは、様々なPペントミノの手筋に魅惑されたものです。 2x2禁や同型隣接禁を駆使してだんだんと決まっていくさまは、LITSの一…

あと一歩

「自己紹介」の問題とは、ある意味逆の趣向をやろうとしたのですが…。 ぱずぷれv3

小さい盤面

LITSに限らず、盤面をどこまで小さくして問題を作ることができるかということがよく話題に上る気がします。 LITSの場合、1x4というのがありますが、これは自明なので除くとして、 「意味のある」問題としては、3x4が最小だと思われます。今回は、5x5で問題を…

端と端

繋げて下さい。 ぱずぷれv3

空間

空間が広いといろいろな置き方ができそうな気がして楽しいと思うのですが、いかがでしょうか。 ぱずぷれv3

二択x3

周りにある3つのブロック、どちら側に入るでしょうか。いったん出来上がったところでブラウザを閉じてしまい、作り直したのですが、前のほうが良かった気がします。惜しいことをしました。 ぱずぷれv3

三叉路

真ん中のブロックに頑張ってもらいましょう。(追記)答えが一通りではなかったようです。 個人的には必ずしも答えが一通りにならなくてもよいのではないかと思うこともありますが、それでも作者の意図しないところで複数の解が成立してしまうのはよろしくあり…

二択

初めに二択がある問題は作っていて楽しいです。今回は、左上のL字がどうなるかが分かれ目です。 本当はもっと紙一重の差にしたかったのですが…。 ぱずぷれv3

自己紹介

本日からこちらでLITSの問題を公開していきたいと思います。 三日坊主(最悪一日坊主?)にならなければよいのですが…。本日は、自己紹介代わりの一問。こういった問題を作っています。 よろしくお願いします。 ぱずぷれv3